top of page
検索
  • 執筆者の写真cocoro

血行不良の影響

更新日:3月8日




血行不良は、身体の様々な機能に悪影響を及ぼす可能性があります。


血液の流れが滞ることで、酸素や栄養素の供給が十分でなくなり、

これが様々な問題を引き起こします。




  1. 細胞の栄養不足:血流が悪化すると、細胞に必要な酸素や栄養素が不足します。これにより、細胞の代謝が低下し、正常な機能が損なわれます。

  2. 冷えやむくみ:良好な血行が確保されないと、体温調節がうまくいかず、冷えやむくみの原因となります。特に手足が冷たく感じやすくなります。

  3. 疲労感や倦怠感:血行不良により、組織への酸素供給が不十分となり、疲労物質が蓄積しやすくなります。これが疲労感や倦怠感として現れます。

  4. 代謝悪化:良好な血行が健康な代謝に重要な役割を果たします。血行不良により代謝が低下すると、脂肪の燃焼が悪くなり、体重管理が難しくなります。

  5. 免疫機能の低下:良好な血行が免疫細胞の移動をサポートしますが、血行不良が続くと免疫機能が低下し、感染症への抵抗力が弱まります。



毎日、少しの時間で良いので歩く習慣があるとかなり血行が良い状態が維持できます。

それと是非お勧めしたいのが、毎日湯船につかることです。

整体などのリラクゼーションマッサージなどもおすすめですよ。

閲覧数:2回0件のコメント

Comments


bottom of page